Vivliostyle、日本電子出版協会第9回電子出版アワードで「大賞」を受賞

JEPA Award 2015 granprix

Vivliostyle(株式会社ビブリオスタイル、本社:東京都渋谷区千駄ヶ谷、代表:村上真雄)は12月18日、日本電子出版協会(JEPA)が主催する第9回JEPA電子出版アワードでエキサイティング・ツール賞を受賞し、その後の最終選考で最優秀賞の「大賞」を受賞しました。

電子出版アワードは、1986年に設立された一般社団法人 日本電子出版協会が2007年から毎年1回開催しているもので、今年で9回目、150社のJEPA会員社と一般の電子書籍ユーザが投票し、5つのジャンル賞を決定し、その中から会員社の投票で大賞を決定しています。

Vivliostyleは2014年に創業した電子出版システム開発企業で、印刷組版と同レベルの表現を画面に導入する技術(Vivliostyle.js)の開発をW3C(World Wide Web Consortium)のCSSワーキンググループと協調して推進しており、W3C 策定の HTML5 / CSS3 や IDPF(International Digital Publishing Forum) 策定の EPUB などの世界標準技術を基盤とした PDF 出力ソフト Vivliostyle Formatter も開発しています。

本プレスリリースについてのお問い合わせは、株式会社ビブリオスタイルまでお願いします。

JEPA Award Plaque

JEPA Award Grand Plaque