ウェブ技術で電子の本も紙の本も作れるように
――ウェブと本の狭間で悩んでみた(1)

村上 真雄, html5j 電子出版部部長, Vivliostyle Inc.

ウェブ技術で電子の本も
紙の本も作れるように

――ウェブと本の狭間で悩んでみた(1)

2015.1.25 HTML5 Conference 2015
html5j 電子出版部
村上MURAKAMI 真雄Shinyu (Vivliostyle Inc.)

電子の本 =

= + + …

紙の本は…

紙の本:まだ出版の世界はこれが主流

現在主流の電子書籍の作られ方

  1. 従来の方法(DTPソフト)で紙の本を作る
  2. そのDTPデータからテキストデータを取り出す
  3. テキストデータにタグをつけてXHTML形式にする
  4. そのXHTMLファイルやCSSやメタデータなどをパッケージにしてEPUB電子書籍に

ウェブ技術があまり活かされてない!

ウェブ技術で、
次世代電子出版へ!

ワンソース・マルチユースの出版

ワンソース: HTMLとか

マルチユース:出力媒体ごとに最適なスタイルに

ソースを変更すると、自動で全出力形式に変更が反映

米オライリー社など、この方式。HTML5で本の内容を記述するセマンティックなマークアップ。

問題は Print(紙の本、PDF)

CSS 組版

CSS3 Paged Media などの仕様あります

Vivliostyle オープンソース・プロジェクト 始動

https://github.com/vivliostyle

表現したい人が自由に
表現できるように
読みたい人が自由に読めるよう
アクセシブルに

Web でも本でも

ウェブと本の狭間で悩んでみた
(2)と(3)へ

そして EPUBWEB